養生茶の疲れやすい夏季養生はこの十種類のお茶を飲み飲み

夏の季節には、高温の天気はいつも多くの人が熱中症の症状で、急速な暑気を払って温度を下げて、普段は多く飲むことができてこの効果をいくつかの養生のお茶で,夏の時節養生、みんなも次の10項选択養生茶

1、二子お茶

二子茶はケツメイシ,疲れやすい、枸杞子調理の米飯カテゴリーへ有益で、肝臓の腎臓、便通滋明目の効果は,適切に高血圧の引き起こす眩暈、両眼視物乾き、ぼやけて、大便を固くなるなどの症状.

は、明子50グラム、クコの15グラム、氷砂糖50グラム.ケツメイシと氷砂糖、クコ、氷砂糖と急須の急須に入れ、2950適量、15分のお茶を飲んでしきりに飲む、毎日1剤.

p2、サンザシ茶

サンザシが鹿を導、血行をよくすること化淤の役割.サンザシサンザシ茶、低血糖、血圧調節血圧.

1~2枚はお茶を入れ、消化にはサンザシとディオを炒めます.

葛根茶

3、葛根茶

は脳の血液循環を改善葛根の効果、で高血圧による頭痛、めまい、耳鳴りや腰の酸っぱい足の痛みなどの症状の緩和の効果が良い.

は、葛根、薄切り、毎日30グラム、水で煮沸後茶飲むとしても、葛根を取るために、毎日30グラム、水を入れて飲む.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です