0

静疲れやすい夜思_ 0

人初静、夜は涼しくて、あんなにたくさんの窓を見ていて、星が少し、視野を徐々にぼんやりわかりあの久しぶりの私はまた来て、突然、私は少し手.

同じ季節、同じ夜、同様の窓、万物はその独特の方式で人々に生命の短さと永久不変で、不変のは心とあなたはお馴染みの自分である自分にとって.

p>よう<思い波が寄せてきて、内心は久しぶりに渇望さ私の記憶の中で自分を取り戻し、一年前を持って、初めて来た無知とあまり熟した心にこの土地に馴染みのない私はまたすべても珍しく、内向一人が好きな性格を決めた私は不可能とどんな世界歩いたのはとても近くて、は冥冥の私とこの世界を保っていない遠くない近い距離に、わざとやる、振るの行くことができない、また本当を溶け込んで、人はとても難しい立場のように、一瞬の間に私に惑いながらも恐怖の中で私を恐れて再び選択孤独.自分との日々が,疲れやすい、苦しいときも美しく、人々が、それぞれの方式に入っての世界,お祝いに溶け込んでから後の喜びの時、私は選んで自然を相手に、歴史の風物を伴って、私を理解して、私も彼らは私を理解、ときに、身の回りの人をいろいろな社団忙しいひどいことの時に、私は一人で歩きたいとキャンパスで、身の回りのすべての小さなものを、私は間もなく生活4年のキャンパスには、私と床の間に立ち向かうの知己のように、私は彼を知って、私を知って自分のよう.

それは静かな夕方、私はあんなにたくさん窓を見ていて、キャンパスの中を歩いている人、胸勘定数が薄れた足が、待っていても夜が来るのも遅く、それはようが遅かっ遅いのはしかし私ははっきり見え、広い視野に見えない何もひとつのいい人は、このような状況は私の故郷は珍しく、故郷の夜は、往々にして早く決断には、静が速く、もとても自然.この視覚的なコントラストをよく感じ焦燥、まれ慰めが、その夜四合の視界にすべてと濁りの時、心はいつもとても速いのは落ち着いて、果てない暗の中をはっきり感じの到来は故郷の風が熟悉の蛙、像を呼ぶようにも、祝福、そんな時間私に惚れているような夜、今懐かしむように単純な幻はまるで現実の夜、孤独や偏屈で、誰にもわからないが、私の愛はその夜、愛のように私の親友のように,漢方 媚薬.

p>と<こんな夜にかけて、あなたも深くなってと感性を伴って風月を考えていて,いくつかの自分とは関係のない事だ、詩の時、童話の中の愛情、勇敢な騎士、コミカルな国王、長い人面馬身の洋式の神で、夢の中でたいのか国私に、素樸なヒューマンストーリーや伝説かもしれないが、そんな夜に芽生えるでしょう、幼稚無邪気に人がいませんについて、こんなにも大いに開いて夜あなたはあなたの思考や想像力は育たないし、収穫を1部の人を早く楽じゃない.

しかし人はいつまでも夜に生活することはできないから、夜のためには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です