0

薬を飲ん疲れやすいで水を飲む

薬を飲んで水を飲むのは自然だということですが、二、三涎の薬を飲むのは間違って、正しい方法は200ミリリットルのぬるま湯で飲むと、飲用水は1杯飲む.しかし、解熱鎮痛薬、抗生物質、抗結核薬、抗結核薬の3種類の薬を飲み、腎臓損傷の原因になります.

の解熱鎮痛薬:
希釈毒性

服用快克、疲れやすい、バファリンなどを含む解熱鎮痛成分の抗風邪薬や、使用芬必得などの抗炎鎮痛薬の患者、もし病状が大量や長期服用の可能性による部分の患者が腎臓を通じ、時にはたくさんの水を飲んで達成して希釈毒性の作用.そのため、薬を服用する間は必ず水を飲んで、200ミリリットルのぬるま湯で送る服、ふだんも多く水を飲んで.

p〉〈時は> <抗生物質:

下痢
飲む時塩水

ゲンタマイシン、阿米卡等級の治療に使われる抗生物質は常に下痢、服用してこれらの薬の時と同じは多く水を飲んで.しかし、発熱、おなかが体内に水不足になったら、飲む水中に塩、体液と血の容量を補充します.特に老年人と児童、彼らの生理性腎臓機能の衰退または発育不全で、その薬を減らし、普段の水飲みを増やして.

p〉〈時は> <抗結核薬:
尿形成結晶
によっては、尿中には抗結核症に抗結核、尿中に析出しやすく、腎臓を傷つけやすいので、大量の水分を補充します.また、治療に用い、疱疹水痘などアシクロビルなどの抗ウイルス薬は、腎臓は尿を体外に排出障害、もし薬を強めて腎臓の負担は、深刻なのはまた蛋白尿などの症状が現れて、同様に患者が多く水を飲んで、薬物不良を避けるために反する.

が少なくないために忙しい人を省き、よく水を飲まないでそのまま飲み込んで薬をして、これは危険な.この1つのほうが損傷食道、一方が十分ではなかった水が助けて溶かして影響薬効、いくつかの薬(例えば複方新ノ明などサルファ剤やすい体内で形成結石.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です