男性養生保健は生活の疲れやすい中で最も適当な3つの簡単な動作にして

今多くの男友達が好きで、運動して体を鍛えて、健康を達成して、しかしジムに行って私達が多くの時間を费やし,できれば生活と仕事の中でいくつか小さい動作の目的を達成することができる鍛えてすごくよかった.今日は小編集で次の3つの簡単な動作を紹介します.

p>方法<いち:腹足を挙げて

の练習方法:体を仰臥してそして横たわってひとつの斜板に,両腕を伸ばして、両手を頭の後ろの支持物、上体を固定動かないで、両足を伸ばして腹を上にして足の運動.両足はできるだけ胸の下におろし、また足、順番に行う.

は、斜め板固定の角度は自分の体力の状態によって、腰の腹の力はわりに良くて、斜め板の傾斜は大きくて大きくて、力は小さくて、こう配.腹足を伸ばした時、両足を曲げずに、膝、足に減速、引張腹部の筋肉の;一組10 – 15回休みし、終瞭後1 – 2分を、次の組练習する、2~3組.毎週2~3回をして.

作用を腰の腹筋力、拡張胸を強め、呼吸器が,セックスレス対策.

p方法2:仰臥両頭両頭

の练習方法:あおむける床またはベッドで、両足をそろえる自然伸ばして、両腕を伸ばし頭後自然.からに座る時、両足を同時にで両腕でおさえて、体係を中間に、股を軸に体を形成二つ折り、そして原状回復し、さらに両端から運動.連続しl0-15回、毎回の練習は2 – 3組で,疲れやすい、毎週3 – 5度鍛え.朝起きたら他の運動後も、補助練習で鍛えても.

要求:両端から自然に座る時、四肢伸ばして、ひざを曲げない、同時動作しないで、両端に息を吸い、足を下ろす呼気で、わざと気苦しい、初练習の時、協調性が悪く、手足を同時にできない或いは二つ折り角度小(手足に会えないと一緒に).時間の経つにつれて、動作が完璧にやられた.

P作用:腰腹力、体の調和性を高めて、体の調和性を高めて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です