0

生の疲れやすい肉粽どう端午健康にちまきを食べて

<p」『紅楼夢」第62回などの劇の筋の中から繰り返し発表の賈宝玉茶飯の筋は甘いものが好きです.北京地区の北京のちまきは北方のちまきの代表品種で、その背丈は小さくて,斜め4角形.北の郊外の農村、粽を食べる習慣が大黄メートル接着靭ですがすがしい香りで、赤いナツメ、あんを入れ.広西地方(しょうしゅう-けん)地域喜バッグ形態に酷似している大枕枕のちまき.(しょうしゅう-けん)地域の大枕に粽で半分斤から1斤メートル、桂林地区喜バッグ1斤メートルなど六ちまきの小さな枕粽.<>

1、端午の端午は粽を食べるのはどんなメリットがありますか?

粽の主な原料はもち米、漢方医学の観点から、その性味の甘温、内臓を強くする暖かい胃、補う中に益の息の効果.『本草綱目』ともち米が暖好みのびくびくして冷たくて、止泄赤痢、縮小、収自然発汗、発痘.芒種はあとで、天気が暑い、体の表面は血流増加、胃腸の機能が低下し、容易に夏バテ痩せて、端午の節句を改善できるもち米ちまきはちょうどこの問題.

粽の餡は赤いナツメ、ピーナッツ、あんこ、卵など各種の味、すべて人に食欲が大きく開いて、栄養と作用もそれぞれ違う:

ナツメ:赤いナツメの味の甘性は暖かくて、归脾胃经、補う中に益の息、血を鎮める効果.ナツメの餡はビタミンCとビタミンA、B族ビタミン、ビタミンP、カルシウム、鉄など、あずきのビタミン、もち米のカルシウムなどの物質の吸収を助ける利用.

落花生:ピーナッツ性は引き分けして、味の甘,入脾臓肺经、おもしろいと胃、肺を潤すこと去痰.ピーナッツの餡はたんぱく質、B族ビタミンとビタミンE、もち米の中のたんぱく質などの不足を補充することができます、しかし含油量が高く、多く食べて腸の伝送を妨げます.

あん:リョクトウ性幹は涼しくて、入る心、胃经、解熱解毒凉血、利尿効果;あずき性は引き分けして、味の甘、酸、内臓を強くする益胃補血生乳.あんこはたんぱく質、デンプン質、ミネラル、リン酸、亜鉛、マグネシウム、カルシウムとカリウム質が含まれます.

塩漬け卵:卵の塩漬け黄可清肺火、降陰火、健やかな脳パズル.卵は黄に餡味がおいしい、たんぱく質、フォスファチド、ビタミンとカルシウム、カリウム、鉄など、コレステロールと塩分含有量はかなり高い、多く食べるべきである.

バラ肉:バラは飽和脂肪酸を含んで、もち米と味が濃いです.しかし体内の血の脂肪とコレステロールが高すぎ、血管を阻害する、脳卒中と心臓病になりやすく、多く食べないこと.

p>と<包装、粽の葉を汚染や使い捨ての特徴は、名は体を表すのグリーン食品包装.常用して粽の叶子有葦の葉,疲れやすい、荷葉、偽黄梨葉や竹の葉など、これらの天然の葉に豊富に含まれる葉緑素、アミノ酸、ビタミンA、C、多酚类物质やカリウムなどの多種の栄養の.食品と一緒に高温で蒸煮を通った後に、食品に加えて1種の自然の香りを加えて、その中の栄養物質も十分に食物に浸透している.

p編集編集推薦:

棚卸各地粽」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です