春の疲れやすい雪

p>歩く<季節のへり、三月の空の翻っている恐れなどに春の雪.透き通る大地の上にそっと舞い降りてく.

Pは落ちている雪を見て、寒気が深々ととした荒涼がないようです.暖かい手を伸ばし、次のこの小さな精霊、溶け私の手の指先、揺れている私の唇が荒れる……

雪、雪の浄化、雪の大気は無私がなく、雪,
絶對高潮,雪の中には無私がない.しかしこの春の雪を見て、どうして知らないでは一種類の違う普段の感じ.

私はこの春、私はとても平然として、もう迷わず、探してと仰ぎません.心は春の息吹に満ちて、湿って、1粒の小さい種、結局は発芽して、開花,疲れやすい、結果.

で人生のへり、三月の雪が揺れている.そんな冷徹、春の風、私の耳には柔らかなささやきがあった……

p> <幸せように使用することができます春雪、感激、過分の望み、楽しむ.

雪の雪はまた地下に脇見ている.ここに翻っ、そこ、こずえ,屋根、そして、雨露、大地と心に流れてゆく……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です