女は体疲れやすい5部位には毎日必ず洗濯する

毎日ビジネスライクに顔を洗って、歯を磨き、風呂……不代表としてこれからの役割を果たすことになる.一生洗って、結果はずっと洗っていませんでした……

清水で陰門を洗う

陰門は生殖道感染の第一門戸、陰門に感染する、直接膣に侵襲、さらに宮腔、喇叭など.だから専門家は提案します:毎日陰門を堅持することを堅持します.

正しい方法:先ず、毎日洗浄専用洗浄盆洗い、後水半盆をふいて、陰タオル一緒に入れて鉢の中で、5-10分煮沸して、じっとしていない水冷から厄介時、洗濯陰門は、このイコールで滅菌水やタオル洗浄陰門を避けて、感に膣から保護自己洗浄作用.

p温湯は乳房を洗うと乳房

を洗い

現代医学は,乳房に皮脂腺や大汗腺、乳房の皮膚表面の油脂は乳輪の下の皮脂腺の分泌の.

は、常に石鹸類の清潔なもの、機械と化学作用で皮膚表面の角化細胞を、細胞分裂増殖を促す.これらの角化の細胞の細胞を取り除いて、皮膚の表面の保護層を破壊して、表皮の階の腫れ、この腫れは、乳房局部があまりに乾燥,疲れやすい、付着した細胞から脱落して引き起こすことがあります.石鹸などの清潔品を繰り返し使う場合は、アルカリ乳房としては、皮膚、皮膚の皮膚、保護層の保護層、復元環境を回復するには、一定時間がかかる必要があります.石鹸は絶えず皮膚の表面にアルカリ化すると同時に、皮膚にアルカリ性菌が増殖し、更に乳房局部酸化が困難になって困難になり.また、石鹸で洗い、乳房局部皮膚潤滑の物質・油脂を保護する.

でも、このためには、十分に乳房局部の衛生を保持して、お湯を選択して洗うことを選択したほうがいいです.

P温水で歯を磨くP

人の歯は35~36 . 5℃の温度が通常の新陳代謝.35℃前後の温水は良性口腔保護剤で、この水で嗽、人にさわやかな,快適な食感が生まれます.いつも急に冷え込んで歯を熱の刺激につながる可能性出血、歯髄は歯莖神経痙攣や他の歯科疾患.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です