四月の疲れやすい雨

四月末の夜、雨水の雨がしとしとと降って、窓を濡らして、私のじっとした期待に濡れていた.都市の向こうがいるかどうか,あなた、私のように、雨の中でもがいている疲れた瞳.

一ヶ月近く、雨が眷顧ないように、人は何か欠けているような気がする.ついにこの長い待ち後に、まともな雨水が.

を窓から撲入の風動私真っ白な蚊帳交じっ水蒸気の清の香りが、静かな部屋.疲れた目はすぐ興奮になり、窓を閉め、窓に立つ、窓の前に立って、水煙のようなガラスの門番前のすべてを.

街燈淡い光をたががゆるむで薄ねずみ色の壁面に、壁の落書きがくっきりと、照明の裏には1列の木苍翠欲滴、光線のための原因のため、私のありかの隅にしか見えないひとつひとつの木の輪郭が影を、風が吹いて、雨が降る、霧にあふれ、全体の夜景に溶けて水墨画のように、私は窓を閉め灰燼に帰す意向.

Pはドアを押し開け、出て行く、風が激しく、霧雨がチルトて私の額にキスをした.私は雨の中で歩いて、同じ目の前の天然水墨画は、体は許しません、私は想像していないで、私は想像していません.いい、屋根の下には、酔いしれても酔いしれ.

突然、双急行の足音を殴り雨が目の前から、と彼の傘の面には、一粒一粒水玉瞬間に滑って、たとえば雨に打た荷葉そんな深い感動.あの男の子は街燈の背後にその大木に行って、この時に私はやっと知っていて,疲れやすい、あの大木にあでやかな小さい樹影は1人の女の子にしては傘をさして.

あの娘

を捨てて自分の小さな傘、小さな傘が風に吹かれていなくなった影ので、2つの影は消えて男の子の大きな傘の下でつきまとって、この時、私の耳のは小さな音の言葉に、ちらちらとやわらかな愛の言葉.

私はただそこに立って、逢いたいが情見たいが病のように見ていて、少し声を出さないと思って、傘の背後に男の子とその娘の甘い心に浮かんだ、自分は自分の出発点の悲しみ、私は行くよ、このような愛は、他人も許せないでお邪魔したのは.

私はどんなに自分が風ではないことを恨んで、雨の中のロマンチックなさまざまなよしみは1つ漁をすることができません.

P,ベッドに横たわって、水をいっぱいに満ちている香りの中で寝ている.夢の中、男女の恋に対して、絶えなかった一晩中.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です