0

不安症の疲れやすい症状高齢焦慮症の症状は判別

P高齢焦慮症では蜘蛛手,注意力が集中しない、焦慮緊張、脾気など.その症状の特徴と他の精神類疾患に似たところがあるので、混淆.では、高齢者焦り症を判別するのはどうでしょうか.

1、苦痛、しかし、病気

を調べないPは総合病院で、医者として滔々と滔々、横になっても寝られない、食べたくない,寝られない、仕事などができない.検査:头胀、額には汗が出て、頭部CTが異常のない;胸発塞いだが、24時間の動態心電図異常のない;拒食、膨満感が、胃腸透視,疲れやすい、胃カメラ検査異常のない;血検査正常.

は、患者血圧、血糖値が高くなるが、病歴、痛みとは違う.物質的な病理の変化のための痛み、引き締め感、震えている、汗、頭、吐き気、腹痛、衰弱など、不安症の体の焦りの複雑な表現.その原因は、過度な内心と衝突し、自律神経機能障害、交感神経システムが非常に興奮している.

P2、依存、意識は

には意識しない病院に依存して、親族に頼って.患者は常に子供たちの手引に囲まれ、西洋医学から漢方医に、外来語で入院先に移動、一年四季折々に医師を見たり、数回院には.子供たちは大きな精力を払って、病状が好転しない、甚だしきに至ってはますます激しくなっている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です