なぜ?疲れやすい!|原因について説明する

現代人は仕事や家事、勉強そして人間関係など様々なことを抱えています。多くの人は日常生活ではいつも疲れを感じます。あなたはこの経験がありますか?どうして疲れやすい?ここでいくつかの原因を挙げられます。ぜひ参考してください。

自律神経の乱れ

疲労を感じやすい原因の一つに、自律神経の乱れがあります。自律神経には交感神経と副交感神経の2系統があります。自律神経の乱れが疲れを引き起こします。

休息時にも心身を十分にリラックスさせることが難しくなります。こうした状況は、眼精疲労や頭痛、動悸、腰痛などさまざまな症状を引き起こす原因になるとともに、全身の疲労感を感じやすくさせます。

糖質の過剰摂取

糖分を過剰に摂取すると、疲れを感じやすくなってしまいます。特に女性の場合、健康のために果物を食べる習慣のある方も多いですが、果物に多く含まれる果糖も糖分であることに変わりありません。果物を摂り過ぎれば、結局、糖分の過剰摂取につながるので注意が必要です。

糖分を摂り過ぎない、健康的な食生活を心がけましょう。

頑張りすぎ

やる気に満ち溢れていて活動的するぎる人は、休まないので疲労がどんどん蓄積していきます。体の構造的にもメリハリは大事です。理想は日中バリバリ活動して夜はリラックスです。

お酒を飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけます。適量ならリラックス効果があっていいですが、飲み過ぎは体に負担をかけるだけです。

飲みすぎた翌日の内臓はてんやわんやで正常に戻そうと頑張って働きます。その分エネルギーを奪われているわけです。

昼夜逆転

古来より人間は、太陽が出てくる頃に起きて、太陽が沈んだ夜に寝るという生活を繰り返してきました。人の体はそのようにできています。夜更かしや、昼夜逆転など、人間本来の生活リズムにそぐわない生活をすると、体内のバランスが崩れ余計なエネルギーを使うことになります。

ただし、昼夜逆転が基本の生活になるのであれば、問題ないかもしれません。昼夜逆転したり、通常にもどったりは良くないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です