0

どう、疲れやすい君は泣いた。

私はあなたを煩わして.」

知ってるよ、あなたがいつもそれでは一ヶ月三十日私を煩わし.

……

……

私は遠くまで離れて.」

私たちは、銀河を隔てて、銀河を挟んでは.

……

……

星君はまた萌えを売っている.」

お金をお金をと

.」

私は買いませんでした.」

……

しかし、星は一つしかない.

p」すごい明觉<.

……

私は数学巻はどこへ行ったか.」

私のあげる、あなたはあなたがなくして、私のはあなたがなくします.

……

星、こんにちは.私がない、誰があなたにデスクの格を片付けて.」

ゴホン、私はあなたを鍛えて.

……

おい、ペンを持って.

あなたはそんなに爺むさいして,疲れやすい、なくしてはいけない.」

になんでも可能性があると

!」

あなたはいくらも、あなたは自分で数を数えていないか,
アリ王?」

……あれは意外だ!意外!

……

星、私はあなたにアイラインを描くのは良いですか?」

……あなたが描くのは人?

私は私は……

……

星、あなたはどうしたの?

楽しくない.

どうして?なぜ?」

" p "は言いたくありません.」

私は、そのことは、私は、言いたいことを言ったときに、私に教えてください.」

……

……

あなたは同じテーブル、あなたはまた太った.」

……

でも、どうして胸が平になったみたいなんですか?.」

" p "私は太った顔、やせてやせています.」

哈哈、蛮はあるからだ!.

……

星,星、私はあなたの白です.」

ぷっ

!そして、あなたは何を表現したいですか?」

何もない、ただ私はあなたの白を表現したい.

……

……

星、こんにちは.」

あなたよりも強いと.」

私たちは紙に、黒色のペンは下の星を塗っている.

……

お姉ちゃん姉ちゃん、こんにちは.……

にして!」

唯一の欠点は胸が小さい.

……

……

星,私はつまらないです.」

君がこんなに可愛い、上には、きっと女の子だから.」>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です